触れることで感じる、木のぬくもり。大工さんがこころをこめてつくった北海道のやさしい積木。

「大工さんがつくった積木シリーズ」に新しいラインナップが加わりました。

大工さんがつくった積木シリーズは、もっと道内の木を知ってほしいという思いから生まれた無塗装仕上のやさしい木のおもちゃです。
HOPの工場で家具や建具を制作する時に出る端材を利用して作られています。色や木目が異なるニレやカバ、タモなど11種類の北海道産木材で、キツネやシマフクロウなどの動物や木の形、四角形など19ピース入りの「大工さんがつくった積木」に、くま、しか、いぬ、ねこの動物を形どったかわいい木のパズル「Moku Animal」全5種類が新たに加わりました。親子で本物の木のぬくもりや香りを感じてください。

新しいラインナップ

大工さんがつくった積木シリーズ

この積木の売上金は、NPO法人森をたてようネットワークの植林の基金として活用されます。

「NPO法人森をたてようネットワーク」では、森林環境の大切さをアピールするとともに、かつての日本人が大切にしてきた木をめぐる生活文化を見つめ直す社会運動を展開。その活動の一環として、植樹活動を毎年実施しています。「森をたてよう」をキーワードに芦別市や札幌市、当別町などで実施してきた植樹活動に賛同してくれた皆さんが毎年数多く集まり、植樹に汗を流しています。50年後の美しい森を願って、ミズナラ、ヤチダモ、トドマツといった建築材の苗木のほか、ナナカマドやサクラなど、全道各地で1万本を超える若木がすでに植えられました。

NPO法人森をたてようネットワーク:植樹活動

NPO法人 森をたてようネットワーク

森をたてようネットワークホームページはこちら : http://www.mori-net.org

■本部事務局 札幌市中央区北4条西21丁目2番1号 HOPハウジングオペレーション内
TEL/011-615-7765 FAX/011-614-8913